アホ日和

<< ガチャピンに敬礼を | main | チン事大好き! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
マルホランド・ドライブ
マルホランド・ドライブ

本日2つ目の日記。今日は書くよ!!笑
実家に帰省した際に姉が勧めてくれたもの。
で、実際にTSUTAYAで探してみると無い!!
姉の「これは凄いよ」の言葉に、てっきり“名作”だと思い込み
ドラマのカテゴリーで探していたのだが、
これが置いてあったのは“ミステリー/サスペンス”の棚。
「え!?サスペンス??」と少しビックリんこ。

そんで見終わっての感想が
「何だこれはー!?!?」
もう、本当に「どうしよう」状態。
わけがわからないのです。私は何一つ理解出来なかった。
ただ何となく「怖い」感じが後を引いた。
そこで姉が教えてくれた、
「マルホランド・ドライブ完全解説」サイトを発見し、熟読!!
オツムに多少難ありの私には少し難しかったけど大体の謎は解けた。
そしていざもう一度見て「なるほど」となったわけです。

私はデイヴィッド・リンチという監督の名前を知りませんでした。
だからこの人がどういう映画を作るのかもわからず見た。
ただいつも映画を観ているのと同じように、普通に。
でもそれ自体が監督の罠だったんです。
まんまとやられた。
人は無意識に、
「今まで見てきた映画」
と、
「今から見る映画」
を照らし合わせると思う。
だからこの「マルホランド〜」のように頭を使う映画は、
「これはきっとこうで、次にこうなって」
と、頭の中で組み立てて観るもんなんだと思う。
しかし!!この「マルホランド〜」はそういう風に観れば観るほど
頭の中はこんがらがっていくのです。
謎は益々深まり、解けなくなる。
自分で自分を追い込んでしまうのです。
本当に、こんな経験は初めて。
なんていうか、映画観てるのに脳の意識は
ジェットコースターに乗ってる気分と同じみたいな??
これ以上言うと余計わけがわからなくなるので言いませんが。。。
主演はナオミ・ワッツです。私この人好きヨ。美人。
目が力強く、変に画面にしゃしゃり出なくて良い。

とりあえず万人にお勧めします。
これぞエンターテイメント!リンチ監督は天才。羨ましい。
先ず一度観て、その後に謎解きに励んでもらいたいです。
謎が解ける前の恐怖と、解けた後の恐怖は格別だと思います。
| 映画と私 | 13:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 13:18 | - | - |









http://antonio.jugem.cc/trackback/222

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
PROFILE
LINKS
OTHERS
SPONSORED LINKS