アホ日和

<< I don't wanna talk about it | main | マルボロ 赤 扇風機 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
0:34
0:34 レイジ34フン

珍しいね。スプラッター映画なんぞ。
1人なら絶対観ないよ。手にも取らないわよ。
でも今回は特別、TSUTAYAにて友人に遭遇したので
「じゃ、観ちゃおうか♪」って勢いで観ちゃった☆

実はグロいの苦手です。痛い痛い痛い!ぎゃ〜
でも見慣れちゃえば「おお!やるなぁ!(何を?)」てな感じ。
だからスプラッター好きさんには物足りなく、
ストーリーも曖昧なのでホラー好きにも物足りないという中途半端な印象です。
でもね、深いのだよ。

そもそも惹かれたのがこのパッケージとあらすじ!
駅のホームでうたた寝してしまい終電を逃した女が、来るはずのない
0:34分の電車に乗ったのが地獄の始まり・・・みたいな。
惹かれません??
いかにも車内のあの限られたスペースで極限の精神状態に陥りながら
大して美人でもないヒロインが奮闘するみたいな。
でも違うんだわ。
全然違うんです。騙されたーって思った。
しかも何もかもが有耶無耶なのです。
ただ断片的に出てくる「ヒント」みたいなものがあって、あとは観ている側の解釈に任せるって感じ。
あとはただグロさエグさハラハラさを交えただけ。

ただこれだけの映画なんだけどいくらでも解釈可能ってか、無限っていうか?
監督の肩叩いて「わかる!わかるよ!」って言いたい気分(何様
なんとなく「あ、これ映像化したら面白そうジャン?」って思ったので撮りました。てへ
っていうような映画だと思いました。
ちなみに原題は「CREEP」です。意味は「忍び寄る」とか「ぞくぞくする」みたいな。
最初コーヒーとかに入れるやつだと思った。

こんなこと書いちゃうとつまんなそーになるけど実際つまんないから良いんだよ。爆
ただ興味があれば観たら良いんだよ。
誰かと観るといい。そんで観終わった後あーだこーだ言い合うのが楽しい。
私はスプラッターホラーは滅多に観ないのでその記念としてレビューしてみますた◎
| 映画と私 | 14:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 14:05 | - | - |









http://antonio.jugem.cc/trackback/238

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
PROFILE
LINKS
OTHERS
SPONSORED LINKS