アホ日和

<< 誰だって他人が疎ましい | main | make me laugh >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
アビエイター
アビエイター プレミアム・エディション

久しぶりのアホ日和は映画評で!!
これを神であるTSUTAYA様で借りてきたのはだいぶ前なため、思い出しつつ語ります。

目的はレオナルド。それとアカデミー賞の実力やいかに?という好奇心。
でも結果・・・
寝てしまいました。沈
言っておくけど、家で観ながら寝るなんてこと一度もないからね!?
観ながら思わずウトウト・・・(っ゚゚)っ ハッ!っていう。
レビューでもあったんだよねぇ、「長すぎ」って。

だからと言ってこれが糞映画だとは言い難い。
何故なら私は実際の人物を基にして描く映画が好きだから。
だってそれって凄いことじゃない!?
日常は映画よりはるかにドラマティックなことが溢れているんだから!
それを映画にしちゃったら、現実のドラマティックさが∞になって妄想も∞で楽しいことこの上ない!
と。

私としては何でジャケにケイトベッキンセールが居るのか不明。
勝手に出てきて散々ビッチぶりをアピった後に、
「シナトラと寝たわ」
とか意味不明な台詞を残してどっか行きます。何それ。
Wケイトの存在をもっと映画で深く描いて良かったのではないかと思う。
長いわりに端折ってる感があったから退屈に感じたのかも。
でもねでもね、観て行った後で
「ああ、この映画はハワードヒューズがいかに女たらしだったかっていうのより、
 この人の狂気を主題にして描いたんだ!」って気がしてくるのだ。
私はこの映画を観てハワードヒューズという人物にとても興味を持ってしまったので
思わずウィキペディアを熟読してしまったほどです。
ていうか、知っていないと、この映画に納得がいかなかったんだもん。
生い立ち、病気、というかほとんど狂気。レオナルドはうまく演じてたと思う。
(でも相手がレイ・チャールズじゃ負けるに決まってるよな。ボソ)
例え映画でもハワードが狂うシーンは観ていて辛いものがあった。アワワ・・・って。

特にお勧めはしないけれど観て良い作品だとおもた。
なんていうかハワード・ヒューズって面白い。
| 映画と私 | 16:17 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 16:17 | - | - |









http://antonio.jugem.cc/trackback/241
ケイト・ベッキンセール、ロンドンのプレミア上映会に登場
ロンドンで27日、映画「もしも昨日が選べたら」のプレミア上映会が行われ、俳優のケイト・ベッキンセールとアダム・サンドラーが姿を現した。 ベッキンセールは赤のドレス姿、サンドラーは黒のスーツ姿で登場。映画で夫婦役を演じた2人は、そろってポーズを取ってい
| 芸能☆極秘☆ニュース | 2006/09/28 8:54 PM |
アビエイター
2005年度アカデミー賞最多5部門に輝く栄誉を手に入れたマーティン・スコセッシ監督作品。壮大なスケールで贈るアクション大作。一人の若き青年が、父の遺産を注ぎ込んで航空アクション映画の製作に着手する。しかし、何かが少しづつ崩れていく…。主演はレオナルド・デ
| DVDジャンル別リアルタイム価格情報 | 2006/10/11 11:47 PM |

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
PROFILE
LINKS
OTHERS
SPONSORED LINKS